ミントのつぶやき

片頭痛の後遺症で今日は全身筋肉痛 私の片頭痛対策

昨日は片頭痛に襲われて久々にダウンしてしまいました。

頭痛にもいろいろな種類がありますが、私は片頭痛緊張型頭痛の両方を持ち合わせております😭

緊張型頭痛は肩こりや首こりなどで血の巡りが悪くなって「わぁ、悪化してきたな…😫」というときに起こるので、何とか予防できたり心構えしたりもできるんだけど、片頭痛は「体調が良いな😊」って日にもいきなり起こったりするので、めちゃくちゃ憂鬱な頭痛です。

症状も人それぞれだと思いますが。

今日は、私の片頭痛の症状と、できるだけ頭痛が起こらないように、また起こってもひどくならないように私が日ごろ行っている対策についてお話したいと思います。

ミント
ミント
同じような症状でお悩みの方に、何かの役に立てば幸いです。

閃輝暗点:チカチカ光る糸が見え始めた35歳

小さいころから汗をかいた後に頭が痛くなったり、肩こりが原因で頭が痛くなったりしていたのですが、35歳ごろから片頭痛が起こる様になってしましました。

というか、今までのもそうだったのかもしれませんが、片頭痛の前兆と言われる閃輝暗点(せんきあんてん)が見えるようになったのがこのころです。

片頭痛持ちでも一部の人にしか見えないらしいのですが、この閃輝暗点はチカチカチカチカ動いて見える光の糸のようなもので、これが見えるとなんとも言えない気持ち悪さが襲ってきます。

ミント
ミント
目を閉じても見えるのです。

・・・というか、その糸の部分が視界から欠けているという表現の方が合っているかもしれません。

本を読んだりテレビを見たりしていると、その部分が欠けて見えません。

チカチカチカチカ動くため、車に酔ったような感じになります。

そして20分くらいかけて糸はどんどん大きくなっていきます。

糸が視界いっぱいに大きくなって全体が明るくなるとチカチカは消えますが、その後に何とも言えない頭痛というか、私の場合は全身倦怠感と、首の後ろの鈍痛が襲ってきます。

日によってはズキズキと頭が割れそうなくらいの頭痛が片側に起こることもあります。(私はだいたい右側)

吐き気もして、ひどい時には起き上がれなくなります。

それが35歳の時に突然起きたので、私はきっと大きな病気にかかったんだと怖くなりました。

 

 

自分の病院で診てもらう

幸いにも職場は病院なので、初めて光の糸が見えたときにたまたま栄養科の前の廊下を通りかかった内科医に泣きついて、すぐに診てもらいました。

先生は症状を聞いてすぐに

内科医
内科医
たぶん片頭痛かな

片頭痛のことを全然知らなかった私は

ミント
ミント
え?これただの頭痛じゃないでしょ・・・)

と内心思ったのですが。

外来のベットで吐き気止めの点滴をしてもらいながら、先生が小さな薬のを1個用意してくれました。

内科医
内科医
 これ新薬なんだけど、もし効いたら片頭痛だわ

その当時は新薬でした。

飲んでしばらくしたら、劇的に体調が良くなって、

内科医
内科医
うん、ならやっぱり片頭痛だね。でも気になるなら大きな病院で診てもらった方がいいよ。

と教えてくれました。

うちの病院には脳外がないし、まだMRIもなかったので、脳神経外科か内科を受けてみたらとアドバイスをくれました。

一応この薬レルパックス)は処方してもらって、しばらく様子を見ることにしました。

そしてそれ以来何度もこのチカチカが見える頭痛に襲われるようになりました。

月に1回以上でしょうか・・・

ある時は栄養科内でダウンしたまま起き上がれなくなってしまい、外来の看護師さんと別の内科医が点滴セットを持って栄養科に来てくれたことまであります😂

恵まれた職場でした。

たかが頭痛で?!と思われるかもしれませんが、片頭痛は気持ちも悪くて、身動きができなくなる病気なんです。

ミント
ミント
知らない方も多いので、ものすごく心配されたり、逆に「それくらいで」と思われていないかと精神的にもダメージを受けます

 

 

大きな病院で検査

薬は効くけど繰り返し起こるので、やっぱり本当に片頭痛なのかと怖くなり、大きな病院に行くことにしました。

その当時無知な私は、いきなり大きな総合病院に紹介状も持たずに行きました。

受付では初診料が高くなるし紹介状を持って出直すように言われましたが、脳外科の先生が「せっかく来てくれてるなら診てあげないと!」と言ってくださいました。

しかも「え?医療関係者なの?!忙しいし、また出直すの大変だから今日検査やっちゃおう!」といって普通なら後日になるMRIの検査までねじ込んでやってくださいました。ありがたや

結果は異状なし。

「きれいな脳してるよ、まだ若いし」と言われ、めちゃくちゃホットしました。

そして、「片頭痛は発作なの。いつ起こるかわからないし、水で飲むタイプの薬だと困るでしょ?」と言って、今度は水なしで飲める(舌に乗せたら溶けるタイプの)「マクサルト」というお薬を処方してくれました。

むかつき止めの「ナウゼリン」と一緒に。

そして、先生と看護師さんと3人で頭痛予防体操をしました😊

やはり普段から体を動かすことで予防できるみたいですね。

※片頭痛が起きている最中は絶対に体操やマッサージはダメです。余計にひどくなります!

 

「片頭痛だからって下向いてたら、また起こるよ。光が眩しいからって暗闇に籠る人いるけど、むしろ日に当たって気持ちは前向きにね」

最後に、「笑顔を心掛ける」と色紙にサインと私の似顔絵?を書いてくださって(笑)

ちょっと変わった先生なのかな・・・😅

でも妙に安心して、心から解放されて、それから数か月片頭痛は起こらなかったのです。

忘れたころにまた起こるようになったけど、片頭痛だとわかっているし、薬もあったのでそれからは上手く付き合ってきました。

 

 

後遺症がつらい

ただ、片頭痛の後、私には後遺症が残ります😭

一体何したの?!ってくらいの筋肉痛

頭痛の間ずっと筋肉が緊張してるのかな・・・

もうね、肩も首も背中もお尻も、全部にコリがあるような筋肉痛。

ひどい時には辛すぎて普通の頭痛薬とか飲んで対応してます。

今日はこれにやられてます。

 

 

前兆の前兆もある

閃輝暗点が片頭痛の前兆と言われていますが、私の場合それよりも前に前兆があります

前日の夜辺りからものすごく手足が浮腫むんです。痛いくらいに。

なので、嫌な予感はするので、慌てて体操したりマッサージしたりして何とか起こらないように悪あがきするんですが、たいていの場合来てしまいます😫もう手遅れの状態なのね。

片頭痛薬を飲むと、私はものすごくトイレが近くなります。おそらく溜まっていた水分を出してくれているんだと思っています。

 

 

わたしの片頭痛

どんな時に起こりやすいか

10年以上の付き合いから、片頭痛が起こる傾向は何となくわかっています。

体調の良い日に突然起こることが多いのですが、大体の場合大仕事を終えた後お休みの日に起こってしまいます。

ストレスが続いた後、ホッと気が緩んだ時が危ない!

そしてホルモンの関係もあるようで、生理前後が多いですね。

妊娠・授乳中は覚悟していたけど幸いにも起こりませんでした。

これもホルモンの関係かな・・・(逆によく起こる人もいるようですが。)

 

あと寝不足の時や、逆に寝すぎた時にも起こります。

ひどい時は、片頭痛で寝込んで寝すぎ、また片頭痛が起こるという悪循環を起こすこともありましたよ。

 

そして脳外科医の先生に診てもらった時にも思いましたが、病は気からというのもあながち間違いではない様子。

「最近起こってないね」なんて会話をしたら、必ずやって来たりもします(笑)

 

わたしの片頭痛予防

本やネットで調べて、私がやっている予防法はこれです。

  1. 片頭痛予防体操
  2. 耳マッサージ
  3. コーヒーを飲みすぎない(カフェインに注意)
  4. チーズやワインも控える
  5. マグネシウムのサプリをとる
  6. アロマで気分転換
  7. 薬膳を取り入れる
  8. ヨガ・体操

①片頭痛予防体操

坂井文彦先生が推奨されている片頭痛予防体操があります。先生の詳しい本はこちら。

首は動かさずに腰から上を左右に半回転させるというもの。2分くらい毎日やると良いそうです。

首のストレッチになるので気持ちいいし、簡単だし、2分くらいで良いのがうれしいです。

たまにさぼりますが、できるだけ毎日寝る前にやるようにしています。

 

②耳マッサージ

耳マッサージは耳たぶを上下左右に引っ張るだけ。(10回ずつくらい)

これ、調子が悪くなる前は引っ張ると痛いです。これも毎日できますね。

 

③カフェインは控える

コーヒーは好きなのですが、朝の1杯だけにしています。

妊娠をきっかけに控えていたので、苦にはなりません。

ただ、片頭痛が起こったときは飲んだ方が楽になります。なってしまった時はむしろ濃い目のコーヒーを飲んで寝ます。

 

④チーズ・ワインは控える

ワインは飲んだだけですぐに頭が痛くなるので私は飲めません。だから好きでもないです。

チーズはピザグラタンが食べたい時だけ食べます。でも、そう回数は食べないし量も少しにしてます。

そこまで好きじゃなくて良かったです。

 

⑤マグネシウムサプリをとる

片頭痛に良いというので買って飲んでいました。マグネシウムだけというよりカルシウムと一緒にとれるお手頃なものをおすすめします。

ただ最近更年期のため大豆サプリ命の母も飲み始めたので、タイミングをずらしています。食事でしっかりとれるようにも考えていますよ。

マグネシウムが多く含まれる食品

ほうれん草 バナナ 大豆 海藻 しいたけ 納豆 アボカド いも類など

 

⑥アロマで気分転換

  • リラックス 効果      イランイラン オレンジ   
  • 女性ホルモンのため    ジャスミン イランイラン カモミールローマン

加湿器に2,3摘オイルを入れて使っています。

※起こってしまった時は痛みを和らげるといわれるペパーミント・ラベンダー・ユーカリ なんかも使います。

 

⑦薬膳を取り入れる

一応薬膳アドバイザーでもあるので(笑)

中医学での片頭痛は肝気の高ぶりによる頭痛と言われています。

肝の働きを改善させるのは

セロリ 菊花(白) 春菊 天麻 クコの葉 アワビ 緑茶 トマトなど

なので、献立に取り入れたりします。

 

⑧ヨガ・体操

本当は整体やマッサージに行きたいのですが、子供がいるのでちょっと行きにくくて我慢しています。

幼稚園に行き始めたら行ってみようかな。

なので、今はもっぱらお家でヨガ

最近ではYou Tube朝晩15分ほどやっています。

B-lifeというチャンネルを利用させてもらっています。

サイトはこちら → B-life

 

体操教室には週に1回親子で通っています。1時間ほどですが、ストレス解消と運動になっています。

 

でもそういえば最近、ちょっと頭痛予防体操はお休みしてたかな・・・

しかもこうやってパソコン触ることが多くなったので肩こり気味だったなと、今反省しました。

また始めます!

 

 

まとめ

私の症状に似ていて、自分も片頭痛かな・・・と思われた方も、ぜひ一度は病院できちんと検査を受けてくださいね。

私も片頭痛とわかるまでは脳腫瘍などの大きな病気かと悩みましたが、検査を受けてとりあえずは安心できたので。

 

先日は閃輝暗点が起こらない片頭痛でした。

片頭痛の薬は飲むタイミングを逃してしまうと、効果が激減します。

今回は、いつもは見える閃輝暗点がなく、本当に片頭痛なのかもわからないし、タイミングを逃してしまっため、効かないとわかっている薬を飲むのはもったいないと思って、何を飲もうかと迷ってしまいました。緊張型頭痛も持っているので

そこで今回は、試しに買っていた呉茱萸湯(ゴシュユトウ)という漢方を飲んでみました。

ズキズキする頭痛、頭痛からくる吐き気に効くとされる漢方です。

なんとか寝込まずに済んだかな😥って感じですね。

鈍い頭痛には襲われましたがマシだったと思います。

 

体操である程度は予防できるので、寝不足のないように生活にも気をつけながら、続けていきたいと思います。

スポンサーリンク