人間関係

【人間関係うまくいってる?】栄養士が調理員さんとうまく付き合う方法

管理栄養士のミントです。

栄養士の入れ替わりが激しい施設や病院ってありますよね・・・

大抵の場合、そういうところは仕事が忙しすぎるか、人間関係がうまくいっていない=ボス的調理師さんがいる。

仕事の指示ができないから、結局自分でやる羽目になってしまって忙しいってこともありませんか?

私は25年もの間、同じ病院で仕事をしてきました。

ミント
ミント
なので、それなりに調理師さんとはうまく付き合えていた方かなと思います。

ただ、私のハートが強いからとか私の方がボスだったという話もありますが(笑) 嘘です

ここで学んだ人間関係のこと。

これから働く栄養士さん今悩んでいる新人栄養士さんたちに余計なお世話かもしれないですがお伝えできたらな…と思いました。

まずは、うちの厨房の人間関係をご紹介

私が働いていたのは、給食直営の病院でした。

女ばかりの大所帯、人間関係はね…やはり調理師さんとの間でいろいろありました。

 

私が就職したころは、自分の母親より年上の調理師さんが大半で。

先輩栄養士には

先輩栄養士
先輩栄養士
ま、色んな人がいるから将来どんな姑さんに当たっても大丈夫だわ、くらいに思ってがんばって 

といわれてました。

本当にそれ。あらゆるタイプのがいた(笑)

  1. 世話焼きで何でもやってくれちゃう良い人
  2. 私のすることなすこと全部見てて文句言う人
  3. 太鼓持ち
  4. 陰口は言うけど外面のいい人
  5. どんなに問題が起きようが合い関せずの人
  6. 権利ばかりを主張して、義務を果たさない人     などなど。他にもいますが

調理師同士でもめたり、先輩栄養士ともめたり。

結局この先輩栄養士は調理師さんともめて、心にダメージを負い、辞めちゃったんですよね。

幸いなことに、私には同年代の調理師さんが3人ほどいたので、励まし合ってなんとか気持ちが救われたのですが。

こんな彼女たちと過ごした25年の間に、私が学んだことをお話します・・・↓

 

 

怖いおばちゃんからは逃げずに、むしろ頼って甘えよう

一人一人付き合ってみると、本当に悪い人はいません。

わがままな人はいますが、人としては悪人ではありません。

ドラマでもそうですが、最初に悪くて嫌な奴ほど、わかってくるとそうでもなかったりするものです。

おばちゃんは最初、私の様子を見ていただけで、ずっといじめてやろうなんて思っていません。

最初が肝心だから、

調理師A
調理師A
負けないわ、あんたみたいな小娘に!
調理師B
調理師B
ここでのやり方教えたる!

的な感情なわけですよ。

そこで変に負けないよう敵対心持ったり怯えて避けるよりは、

新人ミント
新人ミント
さすが長年やっておられる調理師さま
新人ミント
新人ミント
ここのやり方、教えてくださいませ

という態度でいた方が上手くいくのです。

特に若いうちは年功序列は礼儀です! 口の利き方は大事。

栄養士が偉いわけではないことを知っておいた方が良いです。

 

栄養士会の新人研修で、私はあるおじさん栄養士に

おじさん
おじさん
 最初から調理師に絶対負けるな。弱いところを見せるな。立場が違うのだから強く出ろ。勉強して挑め!

と教わりました。

25年も前のことなのに、はっきり覚えているのは「違うと思う」と強く思ったからです。

 

年の功って絶対あるし、調理師さんにも敬意を払うべき!と私は思う。

新人栄養士は経験がないんだから、知らないことも、教科書通りではいかないこともたくさんあります。

ちゃんと聞く耳持たないと、絶対に間違えて痛い目見るし、誰もついてきてくれない。

少しずつ人間関係は築いていくものだから、最初から上に立とうなんてオコガマシイと思うのです。

 

 

お世話やきのおばちゃんには世話をやかせよう

世話やきのおばちゃんは世話やきに生きがいを感じています。

なのでやってくれるなら

新人ミント
新人ミント
助かります!ありがたい!

といってやってもらえばwin、winの関係です。良いことじゃないか(*´▽`*)/

若い調理師さんがこの世話やきが嫌で

調理師C
調理師C
何か宗教でもやってるんですか?

って冷たく言い放ったことがありました。

おばちゃん悔しくて泣いちゃって・・・

これって・・・誰も得しない。

甘えたらいいと思いませんか? うっとうしいとか言わないで!

 

 

先輩の悪口は乗せられても絶対に言わないこと

これはどの職場でも言えることですよね。

ペラペラ人の悪口を言ってると、どこからか絶対に漏れてるものです。

味方のような顔して噂を広げる人もいるし。

自分の実力を棚に上げてしまっている場合、辛い思いをすることになるかも・・・

愚痴を言いたくなることもあるでしょうけど、職場では控えた方が良いね。信頼できる相手だけにしてね

 

 

小さなことでも大袈裟なくらい褒める!

できたら褒めてもらいたいのは大人だって同じです。私もそうです(笑)

私が出会ったすばらしいドクターは、いち管理栄養士であるぺーぺーの私をいつも褒めて育ててくれました。

おだてりゃ木に登るミント

やっぱり頑張れちゃうんです。

 

ある調理師さんが

調理師D
調理師D
聞いて!今日の煮物、色よくめっちゃ美味しくできた!

って言ってきました。

本当にきれい!味もいい!

ミント
ミント
わあ~本当だ!最高のでき! このやり方みんなにも伝えよう!

と言ったのですが・・・

嬉しくなって同じことを別の栄養士に伝えたら

栄養士
栄養士
毎回同じようにできて当たり前ですよね

と返されたそうで。

めっちゃ怒っていました。

そう、調理師だから当たり前かもしれない。

でも自分にもありません?今日は特に最高に良い出来!て時。

 

以前テレビで島倉千代子さんが言ってました。

「この年までに完璧に歌えたのは数回です」って。

そんなもんではないのでしょうか?

だからその「良い時」は一緒になって喜んで欲しい。

ちょっと褒められるだけで

  • 気持ちが上がる!
  • 頑張れる
  • 褒めてくれる人を好きになる!
  • 褒めてくれる人についていきたくなる

この方法で私は調理師さんと良い距離感を保ちながら、楽しくやってました。

お菓子もらったりね。

私もあげるけど。

 

 

仲良くなっても、言いたいことが言える距離感を保とう

指示・指導は日々行うので距離感も大切です。

言いたいことが言えなくなるほど近づいてはいけない。

指示できないと自分でやる仕事が増えちゃうし、注意できなくなるからほどほどの距離感が大切かな。

私も仲良し調理師さんがいたけど、仕事は別の話です。ちゃんと指示はしてました。

 

 

双方の話はしっかり聞いてあげる

ここまでは栄養士と調理師との人間関係でしたが、調理師同士だともっと人間関係は難しい。

力の差がはっきりあるので、いじめに近い状態になることもあります。

ボス的な調理師が必ずいるので、その人に嫌われるといびり倒され、まわりの調理師もかばいたくてもかばえない… みたいなことも確かにあります。

太鼓持ちもいるし、ボス側に付く調理師もいますから。

ボスはどんどんボス化していき、手に負えないわがままを言い出すことも。

(正月は休む!祭りの日は休む!と休みを強引に奪い取るわがままとか)

そんな時はまず聞き取り調査です。

  • いじめられてる人の話を聞く。
  • まわりの調理師に状況を聞く。
  • もちろん注意する前にボスにも話を聞く。(言い訳・言い分があると思うので。)

ちゃんといろんな角度から話を聞いて、対策を練らないとね。

相談しやすい関係を作っておかないと、どんどん貴重な調理師が減っていくんです。

栄養士が新人のうちは困っている調理師・調理員のお話を聞いてあげて、先輩栄養士に報告するだけで良いと思います。

同じくらいの立場同士の方が話しやすいこともあるので、聞いてあげると理解してあげられるし、救われるから。

ただ、新人栄養士さんしかいない職場はちょっとしんどいよね。

ボス以外の年配調理師さんや事務所や他部署の方など相談できる人を見つけて、一人で戦わないようにしてください。

うちの病院でも、どうしても手に負えない調理師さんがいて、事務長とか診療部長とかも出てきて話し合ったことがありますよ。

 

 

まとめ

調理師さんとうまく付き合う方法は

  • 怖い調理師からも逃げない
  • 世話焼き調理師さんを鬱陶しいと思わず仲良く
  • 悪口は乗せられても職場では言わない
  • ちょっとしたことでも褒める
  • 仲良くなっても指示できる距離感を保つ
  • どんなときも、いろんな方向から話を聞く

 

人数が多いし、なんせ世の中にはいろんな人がいるのです。

新人調理師
新人調理師
栄養科科長を変えてください

なんて、権利ばかりを主張して自分の仕事能力も顧みず、訴える輩もいますから。

新人調理師
新人調理師
調理師が忙しいのは科長のせいだ 

というのです。

無茶苦茶です。

つい私も強い口調で科長がその子や調理師さんのために走り回って頑張っていることを話しましたが、こっちも感情的になると通じません。

失敗した例です。

結局その子は科長に直接伝えました。

新人調理師
新人調理師
科長を変えて欲しいです。

 

 

不安になってしまいましたか?!すいません。これは特別変な奴の例です。

大丈夫、良い調理師さんがほとんどですよ!

少なくとも、私はみんなと仲良く過ごしましたから。

同じ対応ではだめなこともあるし、私がお伝えした内容で必ず上手くいくとは限りませんが。

今回のお話が、人間関係をうまく築くためのほんの少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク