プロフィール

管理栄養士になるには 私の道のりをご紹介します

管理栄養士のミントです。

プロフィール」で簡単に私の今までのことを書いてみましたが、今回は私がどのように栄養士、そして管理栄養士になったのかについて振り返って書いてみたいと思います。

ただ、私の経験は非常に稀かと思いますので、参考になるかどうかはわかりません・・・

こんなこともあるんだなと、軽い気持ちで読んでみてください。

「栄養士」になるまでの話

大学受験で行き先を見失ってからの方向転換

実は私、小さいころからの夢は学校の先生でした。

得意教科は国語だったので、国語の教師になりたいとずっと思っていたんです。

でも思っていた割に、まわりの人たちほど受験勉強せず

山をはるのが得意だったので、中間試験の成績がそれなりに良かったりしたのですが、

当然実力がないため、センター試験で見事にずっこけてしまいました。

 

本気で焦り勉強したのは、それからです。

でも、この時点で自分が行けそうな教育大学はもうありません。

しかも浪人するほど教師になりたいかというと、そうれほどの熱意がないことに気づいた。

そしてあっさり方向転換したという・・・

 

 

短大の食物栄養学科を選んだ理由

結局、近くの県立短大の食物栄養学科を選択しました。その理由は…

  • センター試験がいらず、国語・数学Ⅰ・英語の筆記試験だけだった
  • 3月試験で時間にやや余裕があった
  • 内申点重視とのうわさを聞いたので、何とかなるかもと思った
  • 県立で、それなりに高いレベルの学校だから恥ずかしくないと思った
  • この学校で偏差値が一番高いのは食物栄養学科だった(勉強しないくせにプライドが高い)
  • 料理も食べることも好きだから自分に合ってる
  • 近くて交通費も掛からない上に、県立だから学費も安い!

 

そんな感じで行き先を決めたのです。

最初からここを狙っていた人には本当に申し訳ないです。

もちろん全く勉強していなかったわけではないですが。

 

この学校は本当に内申点重視なのか、試験に全く手ごたえを感じませんでしたが、見事合格できました。

 

 

結構楽しかった短大生活(食物栄養学科)

短大はカリキュラムがギュッと詰まっているので、毎日朝から夕方までしっかりと授業があります。

一般教育もありますが、調理実習をはじめ化学的な実験やちょっとした解剖なんかもあって、刺激を受けながら毎日楽しかったです。

 

女子大ではなかったのですが、私たちのクラスは女子のみ50人。

ケンカもしましたが、気を使うこともなく充実した2年間を過ごさせていただきました。

そして卒業することで全員栄養士の資格がもらえます。

 

この50人のうち、卒業後すぐに栄養士として就職したのは4人だけです。

そのほかは研究職や普通の企業に就職しました。

栄養士になった4人のうち2人は私の友達なので、良い仲間に恵まれたと思います。

1人は学校の栄養士、1人は私と同じ病院の栄養士となり、卒業後も情報交換しています。

 

 

簡単に決まってしまった就職先

「就職ってどうやって決めたの?」って話ですが。

実は私は県の給食教諭(小学校の栄養士)試験を受けるつもりでいました。

なのでまたまた方向転換になってしまったという話です。

 

やりたいことが決まっていたので、全く就職活動をしていなかった私。

すると、夏休みになんと学校から電話がかかってきたんです。

短大の先生
短大の先生
あんた、ちゃんと就職考えてるのか!?

公務員試験を受けると伝えたんだけど、

短大の先生
短大の先生
いい病院が栄養士募集してるから、ぜひ受けてみなさい! 

とごり押し。

 

公務員しかも学校に就職したいという思いはあったんだけど、

給料もそこそこだし、車で通えるし、病院栄養士なんて悪くないな…と

ミント
ミント
迷ってしまった

公務員、受かるのかといわれるとわからんし。

しばらく悩んで家族とも相談し、結局病院を受けてみることにしました。

夏休み中に行われた病院就職試験、3名が受験しましたが、私が合格してしまったというわけです。

 

就職って運命というか、タイミングなのかもしれません。

同じ栄養士ではありますが、勉強する中身がガラッと変わってしまった瞬間です。

 

 

働きながら「管理栄養士」を取得

病院就職試験の面接時に「管理栄養士の資格を取ることは必須ですから」とはっきり言われました。

管理栄養士じゃないと病院にお金落とせませんものね。

でも、それはかなりのプレッシャー!

受験勉強より勉強したと思います。

ミント
ミント
これだけ勉強したら、もっと良い大学行けてたよ!と強く思う。

 

こんな感じで、なんとも計画性なく私は栄養士になりました。

栄養士になったからには管理栄養士の資格はどの道取ったとは思いますが、強制的に管理栄養士を受験させられたという流れです(笑)

 

それでも25年続けてきたのは、この仕事が自分には合っていたし、やりがいを感じていたからだと思います。

人間関係にはもちろん嫌なこともありましたが、栄養士になって良かったと思っています。

そしてこれからも、きっとこの資格は役に立つと考えています。

病院でどのように過ごしてきたか…についてはまた次の記事にしたいと思います。

 

 

ブログランキングに参加中です。応援していただけると嬉しいです♬

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク