息子の成長日記

3歳児の初恋 好きなのはお友達ではなく、そのお母さん

週に1回、市の親子体操教室に息子と通っています。

2歳のころから通い続けているのですが、ずっと今まで通っているのはうちの子とKちゃんだけ。

なので、2人はとっても仲良しです。

体操中は特に話したり遊んだりするわけではなく、ただただ帰りに一緒に出口まで歩くのみ。

それが楽しみだなんて、可愛すぎる!

冬の間、Kちゃんは黄色いダウンコートを着てきたため、「黄色いKちゃん」と呼び、なぜかそのお母さんのことを「黒のKちゃん」と呼びます。

黒のコートを着ているからではありますが、Kちゃんではない(*_*;

そんなKちゃんのことを夫に話たら、「手くらい握ったのか?」と息子を茶化す。

よくわかっていないので、息子は真に受けて「次、手を握ってみる!」と父ちゃんと約束していた…

そして次に会ったとき、本当に手を握ろうと、そ~っと後ろから手を伸ばしている!

頭の中はきっと「手を握らなきゃ」でいっぱい。

恐る恐る、少しずつ・・・ いやいやそれ、危ない人みたいよ!(笑)

その様子が怖かったので「おいおい!」と言って離し、「ちゃんと声かけてから手をつながないとびっくりしっちゃうよ」と息子に伝える。

このご時世、手をつなぐのを嫌がる人もいるでしょうし、ちょっとお母さんの反応も見て。

「ははは、手つないだら?」って言ってくれたので、結局お望み通り手をつながせてもらいました。

そしてその日から、帰りの楽しみが1つ増えました。

良かったね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

そしてまた別の日、夫に「今度遊ぼって誘ってみたら?」とアドバイスをもらい、またその気になった息子。

早速会ったときに勇気を出して誘っていました。

「あのね、あのね・・・今度公園で遊ぼ」

「いいよ」

その時は照れくさそうに帰りましたが、帰ったらもうテンションマックスで「今度黄色のKちゃんと遊ぶんだ~」と家の中を暴れまくる始末。

よっぽどうれしかったのですね。

 

それ以降、何か悪いことをしたら「Kちゃんに言っちゃおうかな」なんていうだけで「嫌だ~😨ちゃんとします!」って聞きわけのいい子になりました(笑)

これは使えるわ( *´艸`)

髪を切りたがらなかったので、「Kちゃんにカッコイイ!って褒められちゃうかもよ」とつぶやいたら、あっさりカットに応じたりして。

でも残念ながら髪を切ったことに気づいてもらえなかった(笑)

なんだか元気がなかったので「どうした?」と聞いてみたら「母ちゃんがKちゃんに言ってくれなかったから」と半べそ。

どういうことだ?

よくよく話を聞いてみると、気づいてくれないなら、私が「この子髪の毛切ったんだ~」って言わなきゃいけなかったらしい😓

「ごめんごめん。忘れちゃったね」と謝ったけど、ずっと1日「Kちゃんがカッコイイって言ってくれなかった」と拗ねていました。

本当に好きなんだな・・・

なんて可愛らしい初恋なんだと思っていたのですが。

何気に「黄色のKちゃんのこと好きなの?」と聞いてみたら、衝撃の告白

「うん、黄色のKちゃん好き。でも黒のKちゃんの方がもっと好き💗」

😱😱😱そうなの?!

まさかお母さんに近づくために、黄色のKちゃんと仲良くしていたとは!

思い返してみると、確かにKちゃんと手をつないだ後、どさくさ紛れにお母さんとも手をつないでいたわ!

母にもわからなかった本当の初恋?!

おそるべし3歳児!

 

どちらにしても、4月からは別々の幼稚園になるので、あと2回の教室でさようならです。

それを伝えると、しょぼんとしている息子。大丈夫か?

でもまた、新しい出会いがあるさ!

・・・可愛い先生、いっぱいいるよ😅

スポンサーリンク