ミントのおすすめ

買って良かった!チャイルドシートいらずのメテオ「スマートキッズベルト」

こんにちは。5歳児を育てる高齢ママ、ミントです。

44歳直前に産んだわが子もあっという間に幼稚園年中さん。

本当に子供ってすぐ成長しちゃいますよね😂 寂しい・・・

服や靴はすぐサイズアウトしてしまいます。

 

よく車でお出かけする私たちですが、ふと隣を見ると、チャイルドシートに座っている様子もなんだか厳しそうなんです💦

「お尻が痛い」「狭い」「暑い」と訴え可哀相に思えてきて。

でも6歳まではチャイルドシートが義務付けされているから仕方ないよね…と思っていたのですが。

実は法的に認められている子供用のシートベルトがあるんですって!

テレビで知って「そうなの?!」と驚き、すぐに調べて購入してみました。

 

今回は子供用シートベルトについて詳しく紹介したいと思います。

  • そろそろチャイルドシートが小さくなって買い替えを考えている方
  • 子供用シートベルトがあるのは知っているけど法的に大丈夫なのか知りたい方
  • 子供用シートベルトは安全なのか心配な方

に読んでいただけると幸いです。

ミント
ミント
持ち運びもできるので便利だし、お値段もお手頃なので、おすすめですよ。

 

子供用シートベルトは法的にOK!

ミント
ミント
規定に適合しているものであれば子供用シートベルトだけでもOKです
カチャピョンのイメージチャイルドシート着用推進シンボルマーク「カチャピョン」

交通事故の被害から幼児を守るチャイルドシート。

6歳未満の幼児は使用することが義務付けされています。

ただ、このチャイルドシートの定義をはっきり知らなかったので、まずは警視庁のサイトを確認しました。

 

すると「道路交通法第71条の3第3項」にこのように記載されていました。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

出典:子供を守るチャイルドシート|警察庁Webサイト (npa.go.jp)

 

ミント
ミント
つまり、法律的には「チャイルドシート」という指定はなく、規定に適合した幼児用補助装置であれば良いということなんですね。

 

チャイルドシートじゃなくても良いなんて。。。知らなかったわ😅

そこでテレビで見た子供用シートベルトを探してみることに。

すると

現在この規定に適合した幼児用補助装置として認められているものはメテオの「スマートキッズベルト」唯一つということがわかりました!

ミント
ミント
子供用シートベルトは現在、これ一択ってことですね!

 

 

子供用シートベルトは規定に適合した証「Eマーク」がついている「スマートキッズベルト」を!

道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定については、国土交通省のページに説明がありました。

国土交通省が定める安全基準に適合た幼児用補助装置には、Eマークが添付されるそうです。

国土交通省「自動車総合安全情報」より

つまり、Eマークがついている商品でないと幼児用補助装置認められないってことですね。

ミント
ミント
もちろんこの「スマートキッズベルト」にはこのEマークがちゃんとついています。

 

 

 

さらに「スマートキッズベルト」は、警察庁交通局より道路交通法の定める「幼児用補助装置」への適合製品として、日本国内での使用を許可されているそうです。

 

ミント
ミント
もともと「スマートキッズベルト」は、EUやUS基準の厳しいクラッシュテストを経て安全認証を取得している、世界で唯一の子供用シートベルトなんですって

安全基準: UN (ECE) R44/04適合 (日本・EU)

道路交通法第71条の3 第3項適合(日本)

FMVSS 213適合(US)

ECE R44 04適合(EU)

ミント
ミント
スマートキッズベルトの安全テストでは、体がしっかり固定されあまり動かないことから、頭と胸に対する衝撃はチャイルドシートよりも低いという結果も出ているそうですよ!(出典:キッズデザインマガジン・コラム記事より)

 

 

 

 

 

携帯にも便利!子供用シートベルト「スマートキッズベルト」がおすすめな3つの理由

 

 

 

 

 

スマートキッズベルトはポーランドで開発された商品です。

【スマートキッズベルトの仕様】

適応体重: 15以上~36㎏以下 汎用型・グループⅡ、Ⅲ

目安年齢: 3~12歳 (但し、体格に準ずる)

製品サイズ: 最短… クリップ部含む 約42cm / クリップ除く 約35.5cm
最長… クリップ部含む 約63cm / クリップ除く 約56cm

製品重量:  約120g(本体重量)

取付座席位置:後部座席推奨
       必ず3点式シートベルトの座席で使用

メテオの公式HPより

年齢はあくまで目安であり、体重が着用基準だそうです。

 

1.子供の体格に合わせて調整できる

 

 

 

 

適応体重であれば、ベルトの長さを調整して使用することができるので、商品は1サイズです。

チャイルドシートって、日本では6歳までとなっていますが、海外の多くの国では日本人より大きいはずなのに12歳まで法律で義務付けされていることが多いんですって。

ミント
ミント
安全を考えれば、普通のシートベルトを適切に使用できるようになるまでは、スマートキッズベルトのような補助装置で調整してあげるのが一番ですよね。

うちの子小さいし(笑)

そう考えると、安心に長く使えてとっても良いですよ😄

 

 

2.装着が簡単!2ヶ所のクリップを車のシートベルトに取り付けるだけ

取り付け方はとっても簡単なんです!

 

 

 

 

 

  1. 子供を座らせ、車のシートベルトを普通に装着する。
  2. 下側の赤いクリップをシートベルトの腰ベルトに固定する。
  3. 上側の赤いクリップが子供の肩の位置に来るようにでベルトの長さを調整する。
  4. 長さが決まったら上側のクリップをシートベルトの肩ベルトに固定する。 
ミント
ミント
文章にすると難しく思えますが、実際は本当に簡単なんですよ(笑)

ベルトがねじれていないかのチェックはしっかり行いましょう!

 

このクリップがなかなかの優れもの!

子供が簡単にベルトを取り外せてしまったら大変ですよね・・・

メテオさんがすごく研究に力を入れておられるというだけあって、この赤色のクリップは子供には固いのに大人には操作がしやすいという絶妙な固さのバランスなんです。

ここもおすすめ😄

※公式取り扱い説明書はこちらをご覧ください。

 

 

3.コンパクトで軽量 持ち運びができる

携帯に便利なポーチが付いてくる!

重量120gと軽量で、ベルトだけで良いからコンパクト!

しかも購入時にポーチが付いてきたので、持ち運びも便利です😄

ポーチもおしゃれ!

↓ちょっと高いけど、すみっコぐらしバージョンもあります(笑)

 

今まで家の車と実家用の2つのチャイルドシートを用意していたのですが、

実家の車のチャイルドシートは帰る度に付け外ししないといけなかったので、大変だったんですよね😅

ミント
ミント
スマートキッズベルトなら、これ1個を持ち運べるから1つで良いし、簡単装着で本当に助かっていますよ。

レンタカーを借りる時もこれを持って行けば、別料金払ってチャイルドシートを借りなくて良いので経済的ですよね♪

 

 

使用上の注意

  • 必ず3点式シートベルトの座席で使用
  • なるべく後部座席で使用する

法的に基準は満たされていても、使用方法を間違っていたら危ないですし、何かあった時に「幼児用補助装置を使用した」と認めてもらえない可能性もあります。

必ず3点式シートベルトの座席で使用

しっかり固定ができないので、使用できないシートベルトもあります!

【使用できないシートベルト】

  • 腰だけを支える2点ベルト
  • ドアから出ているシートベルト
  • 電動式シートベルト     
ミント
ミント
天井から出ている3点ベルトは使用可能です。

 

なるべく後部座席で使用する

助手席での使用は非推奨となっています!

大体の車は助手席にエアバッグが備わっているので、もしも衝突してしまったら、エアバッグが作動してとても危ないからです。

エアバッグも事故の際には身を守ってくれる安全装置ですが、大人の体型を前提に作られたものなので、子供には適正に機能しなかったり、逆に被害が大きくなってしまうこともありますからね。

やっぱり子供は後部座席にしっかり固定して座らせる方が安心です。

 

もしもやむを得ず助手席で使用する場合は、座席を一番後ろまで下げて使いますが、あくまで自己責任!

ミント
ミント
子供の安全のためですから、できるだけ後部座席で使用しましょうね!

 

 

「スマートキッズベルト」の粗悪な偽物に注意!

 

 

 

 

先程も記載したように、現在法的に認められている子供用シートベルトは「スマートキッズベルト」だけです。

にも拘らず、同じような商品や、偽物のスマートキッズベルトが売られているので注意が必要です。

正規品の見分け方必ず「メテオAPAC株式会社」が輸入販売元になっているものを!

子供の安全を守るための大事なものなのに、恐ろしい・・・😫

クラッシュテストも何も受けていない、単なる調整器具(ベルト)ってことですよね。

安すぎるものは一旦怪しんだ方が無難です!

メテオの公式サイトに取扱店舗も掲載されているので、ぜひ確認してみてください。

 

(こちらに掲載したお店は正規品取扱店です😄)

 

 

まとめ:子供用シートベルトはおすすめです

 

 

 

 

 

今回、チャイルドシートいらずのメテオ「スマートキッズベルト」紹介しました。

スマートキッズベルトは

  • 幼児用補助装置として国内で唯一、法律で認められている子供用携帯型シートベルト
  • 子供の体格に合わせて調整できる
  • 装着が簡単
  • 軽量コンパクトで持ち運びもできる

といった商品です。

 

幼児用補助装置は交通事故から身を守るためのものです。

決して警察に捕まりたくないとか、減点されるからという理由でするものではありません。

なので、子供の体型や成長にしっかり合わせて、安心安全な物を選びたいですね。

チャイルドシートの買い替えを考えている方や、スマートキッズベルトについて知りたかった方の参考になれば幸いです😄

 

 

↓ブログランキングに参加中です。応援していただけると嬉しいです♬

 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA