わが家の糖尿病食事療法

やっと病院に行きました 夫の糖尿病治療開始です

健康診断の結果、HbA1cが8.9もあったクリスマスの衝撃から1か月以上経ってしまいました。

→詳しくはこちら クリスマスの衝撃!夫が糖尿病になりました

とうとう今飲んでいる高血圧の薬が無くなってしまい、病院に行かざるを得なくなった夫。

昨日やっと病院に行ってくれました。

「こわいよ~」と言いながら。

どの病院にするか

総合病院に近いそれなりに大きな病院で働いていた私は、糖尿病の患者さんもたくさん見てきました。

中にはかかりつけ医が相当なお年寄りで、新しい知識を持っておられないためにちゃんと治療ができておらず、ひどい状態になってうちの病院に来るというようなこともありました。

嘘みたいな話ですが「糖尿病のがあるから、果物をやめなさい」って言われたから果物をやめていました・・・みたいなお見立てで、放置されているケースも。

「け」どころか立派な糖尿病なのに。

なので、病院選び・先生選びって本当に重要だと思います。

ほとんどの先生はちゃんと勉強されているとは思いますが・・・

医療は日進月歩。お薬なんて私が働き出してからでもかなり増えていますから。

 

で、夫もどこの病院にしようかと悩みました。

引っ越してきて日が浅いので、土地勘もまだないから・・・

調べてみると、今かかっている循環器系のクリニックにも内科があり、その内科の先生は糖尿病の専門医みたいで。

まずはそのままかかってみることにしたようです。

循環器の先生の奥様だそうです。

 

奥様に怒られたでしょ(笑)

健康診断から1か月以上経っているので、先生に「来るのが遅かったですね」と言われたそうです。

夫
実は妻が管理栄養士でして。確か糖尿病の専門の資格も持っていて・・・ なので食事療法をとりあえずやっていました。
内科医
内科医
それはめちゃくちゃ怒られたでしょ💦
夫
へへへ、まあ(笑)

というやり取りがあったとか。

・・・怒ってないし。

 

とりあえずはビグアナイド

夫は1か月、自分なりに食事療法を頑張ったので、値がものすごく改善していることを期待していたのですが、結果はHbA1c 8.2でした。

まだまだ高い。

今回は初診なので血液検査とこれからの予定を決めるだけになりましたが、3週間後の次回の診察までの間は「ビグアナイド系」のお薬が出ることになりました。

医療系の仕事をしている夫なので少し知識があり、SGLT-2阻害薬といった新しいタイプのお薬を出して欲しいと思っていたのですが、いろいろ調べてからでないと合うかどうかわからないということで、「とりあえず」のお薬ということです。

これからインスリンの量を調べたり、一応Ⅰ型でないかを調べたり、眼底検査をしたりと様々な検査が予定されているみたいです。

この際きっちり調べてもらって、これ以上悪くならないようにしないとですね。

 

何はともあれ禁煙でしょ!

夫はアルコールのことが気になっていたようですが、「それよりもタバコはダメでしょ。」とはっきり言われたようです。

百害あって一利なしですもんね。

しかし、やめるような気配はないですが・・・

むしろ「アルコールはいいみたい」と受け取っています”(-“”-)”

お薬も飲むんだから、控えなきゃだめだろー

 

今後のこと

ビグアナイド系は比較的低血糖は起こしにくいお薬かなとは思いますが、値があまり改善していなかったショックで糖質を勝手に控えていたみたいで、貧血のような症状が。

出先で「フワッとする」とか言って座り込んじゃって。

ミント
ミント
薬の効果だけでも血糖値が下がるのに、急激な糖質カットは危険だわ! 

気持ちはわかるけど、ちゃんとやらないとね。

低血糖なめたらあかん。

糖質が悪いわけじゃない。量や摂り方が問題なんだもの。

食事は私がもちろん管理しますが、自分でもコントロールできるようにやってることを理解してもらわないとだめだから、繰り返しの栄養指導が必要ですね。

そして今は夕食700kcal未満で設定していますが、徐々にもう少しカロリーを抑えるつもりです。

家族みんなで頑張ろうではないか。

次回の診察までの3週間、さらにHbA1cが下がることを期待して、食事療法を継続していきたいと思います。

スポンサーリンク